Photos taken in Rails Developer Meetup 2019

先日のRails Developer Meetup 2019 で撮影した白黒写真たちです。CC-BY-SA でご自由にお使いください。

photos.app.goo.gl

Rails Developer Meetup 2019にはスピーカーとして参加しました。1日目は15:20から出番だったので、それまでは Speee のコーヒーコーナー付近で発表準備をしていいました。1日目の写真は、その付近の様子を発表準備の合間に撮影したものです。2日目は自分の行動範囲の周辺で適宜撮影しました。

2日間とも白黒写真のみを撮ることに決め、白黒で撮ると良さそうだなと思った絵を残そうと意識しました (DHH 以外)。とても面白い体験だったので来月の RubyKaigi でも同じことをやりたいと思っています・・・・が、RubyKaigi では2日目と3日目に出番があってそれぞれ準備が必要なので写真を撮ってる余裕はないかもしれない。

Fluent Forever Principle 1

外国語を学ぶときに最初に発音をやろうという話について、Fluent Forever という書籍にわかりやすい理由が記載されていたので引用しておく。

  • Your brain is a sophisticated filter, which makes irrelevant information forgettable and meaningful information memorable. Foreign words tend to fall into the "forgettable" category, because they sound odd, they don't seem particularly meaningful, and they don't have any connection to your own life experiences.
  • You can get around this filter and make foreign words memorable by doing three things:
    • Learn the sound system of your language
    • Bind those sounds to images
    • Bind those images to your past experiences

つまり、こういうことだ。

  • 脳にとって外国語は、聞き慣れない奇妙な音で、見慣れない記号列だから、重要じゃないと判断されて捨てられてしまう。
  • だから、最初に発音の練習をすることで音による足切りを逃れられる。
  • 次に音と絵を結びつけたり、個人的な経験と結びつけることで、脳は重要な情報であると判断して長期記憶に刷り込まれやすくなる。

カニズムとしては、ワーキングメモリにおける以下の効果が働いているんだと思う。

  • 発音練習をすることでワーキングメモリの音韻ループが機能するようになる。
  • 音と絵を結びつけることで、音韻ループと視空間スケッチパッドが連動するようになる。
  • 過去の経験と結びつけることで、音韻ループと長期記憶が連動するようになる。

MISTEL BAROCCO MD600 のカスタマイズ

お家で MISTEL BAROCCO MD600 を使い始めて3ヶ月くらい経つ。ずっとデフォルトの状態で使い続けてきた。1点を除いて快適である。その1点とは何かというと、バッククォートとチルダを入力する時に Fn を押さなきゃならないことだ。これだけは我慢できないので、とうとうレイヤー 1 に移行してキー配置を変更した。

キーマップは次のように変更することにした。

  • ESC → バッククォート
  • SHIFT + ESC → チルダ
  • Fn + ESCESC

キーマップを変更するために、レイヤーを 1 に切り替え (Fn + ,) 、その状態で Fn + 右Ctrl を押してプログラムモードに切り替えると、なぜか Esc だけ光らなかった。ファームウェアを更新してから再度プログラムモードに切り替えると Esc も緑に光るようになり、無事にキーマップを上記のように変更できた *1

*1:ファームウェア更新前にキーマップの変更を試さなかったので、もしかしたらできたかもしれない。

ちくま学芸文庫の数学書の Kindle 版がたくさん増えていた

最近、吉田洋一『ルベグ積分入門』を通勤中に読んでいる。この本は今までにチャレンジした測度論・ルベーグ積分論の教科書のどれよりも分かりやすい。第1章を読むだけで「リーマン積分とは何で、ルベーグ積分はリーマン積分と何が違うか」がきちんと分かるように書かれている。第3章で外測度が出てくるまでの流れもとても分かりやすい。読んでいてとても楽しい本だ。

Kindle に慣れてしまうと、通勤中に紙の書籍を開いて読むことが結構苦痛である。この本がとても良いので、もう一冊買って bookscan に送り、PDF を Kindle に入れて持ち歩いた方が便利だろう。そんなことを思いながら、amazon の商品ページを見に行ったら Kindle 版の存在に気がづいた。ちょうど1年前の2017年3月17日に Kindle に対応したようだ。ちくま学芸文庫の数学書はほとんど Kindle 対応していなかった記憶があり、しかもいま持ち歩いてる紙版の書籍は楽天ポイントで買ったため、Kindle 版の存在に気づいていなかった。

ちょっと気になったので、他のちくま学芸文庫Kindle 版がどのくらいあるのか検索して見た。すると、去年1年間でたくさん Kindle 対応したらしく、こんなに多くの書籍が Kindle に対応していた。

f:id:mrkn:20180316133821p:plain

とても良い時代になったなぁ。